公開履歴

口唇ヘルペスってどんな病気?

患者と話している医者

口唇ヘルペスとは、唇のまわりに小さな水ぶくれができる病気のことです。
ヘルペスは単純疱疹とも呼ばれます。
単純ヘルペスウイルスの感染によって起こりますが、必ずしも症状が現れるとは限りません。
初めての感染であるか再発であるかなど、その時の体調によっても症状の重さは異なります。
口唇ヘルペスの初期症状として、水ぶくれが現れる前に皮膚がピリピリ、チクチク、ムズムズするなどの違和感や痒み、ほてりを感じます。

再発を繰り返す人の場合、前兆が自分でわかることもあるようです。
このような自覚症状が出てから半日以内に患部が腫れ始めます。
この時期はウイルスの増殖が活発なため、この段階で治療を始めることが効果的です。
1~3日ほどすると、赤く腫れた上にウイルスがたくさん存在する水ぶくれができます。
粘膜や傷のある皮膚の場合、この水ぶくれが破れてその患部に触ると感染する可能性があります。
水ぶくれは、初めて感染した時は大きく、再発を繰り返していると小さくなっていきます。

口唇ヘルペスは初めての感染時をのぞき、普通は1カ所に集中してできます。
皮膚症状は人によって変わりますが、発症から10日~2週間程度でかさぶたができて回復していきます。
また、同じウイルスを原因とする口内炎の症状が出る場合もあります。

口唇ヘルペスは風邪をひいた時や体調が悪い時など、免疫力が低下している時に出やすい病気です。
これは、体が疲れているサインでもあるため十分な休養を取るように心掛けましょう。
放置して酷くなると治療に時間がかかってしまい、日常生活への影響が出てしまう恐れがあります。
口唇ヘルペスに有効な市販薬もあるので、自分に合う薬を探しておくのも効果的です。
しかし、早めに適切な医療機関を受診し治療をすることが最も大切なことです。