• ホーム
  • りんびょうとヘルペスの感染経路は性行為

りんびょうとヘルペスの感染経路は性行為

患者と説明している男性

基本的に、りんびょうとヘルペスの主な感染経路は性行為です。
りんびょうもヘルペスも性病の一つでかなり高い感染力を持った病気です。
仮に、パートナーが既に性病のウイルスを持っていた場合には病気にかかる確率が一気に上昇します。
当然ですが、避妊具を着けていなかった場合にはさらに感染率が上昇することになるため事前と事後の対策をきちんと考えておくことが大切になります。

ヘルペスとりんびょうの感染経路は、性行為における口内と性器の二つです。
性行為をする時には一般的な行為とオーラルなものと二つの種類がありますが、前者に関しては性器との直接的な接触がない限り性病にかかることはありません。
反対に、オーラルな性行為をする時には口内感染という感染経路を考慮しなくてはいけません。
ヘルペスやりんびょうのウイルスは口内の中に潜んでいる場合がありますし、潜んでいなくても病原菌が存在している性器が口に入ってしまうと口の中で性病のもとになるウイルスが繁殖することになります。

こうなってしまうと、普通の性病にかかったような状態と同じ状況が続いてしまいます。
完全にウイルスを除去するためには抗生物質に依存するしかなくなるのですぐに病院に行って薬を処方してもらわなくてはいけません。
また、ヘルペスに関してはりんびょうよりも潜伏期間が長い上に自覚症状がないまま日常生活を過ごしてしまうこともあります。
自覚症状がない状態であっても体内にウイルスを飼っていることに違いはありませんので、その状態で性行為をすると病気が伝染してしまいます。

このように、性病の性行為による感染経路は主に二つありますのでそのような行為をしたことがある人は一度検査を受けてみることが大切です。