• ホーム
  • ヘルペスやクラジミアの検査について

ヘルペスやクラジミアの検査について

性器ヘルペスはヘルペスウィルスの感染によって引き起こされる病気であり、口にできるヘルペスとは異なるものです。
しかし、フェラチオなどによって感染が起きることもあるため、区別が難しくなってきています。
性器ヘルペスに感染すると、潜伏期間2日~1週間の後に症状が現れてきます。
性器とその周辺に水泡ができることが多いのですが、しばらくすると強い痛みが出ることもあります。
また、太もものリンパ節に痛みが出ることもありますし、重症化すると歩けないほどの痛みが出ることもあるため、気になる症状がある場合は早めに検査を受けると良いでしょう。
ちなみに、7割程度の人は感染しても症状が出ないと言われているため、知らないうちに他の人に感染させてしまうことがあります。

ヘルペスウィルスを完全に除去できる薬というのはありません。
ウィルスの増殖を抑える薬や軟膏などはありますが、これらを使用して治療をしても再発しやすいということです。
再発の原因としては、体調不良や疲労、過度のストレスなどがあり、女性の場合は生理の際に再発してしまうこともあります。
コンドームを使用することである程度予防することもできますが、コンドームに覆われていない部分にもウィルスが潜伏していることがあるので注意しましょう。
クラジミアは最も多くの感染者がいると言われる性病であり、最近では若い女性の感染も増えてきています。
クラジミアは非常に感染しやすいという特徴があり、この病気に感染していると他の性病にもかかりやすくなるため、少しでも不安がある場合は早めに検査を受けることが重要です。
ヘルペスやクラジミアの検査を受けたいという場合、信頼できる病院を探してみると良いでしょう。